すけっち☆ぶっく

アクセスカウンタ

zoom RSS 少林寺拳法

<<   作成日時 : 2009/06/03 22:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

何だか、すごいタイトルです(*^_^*)

うっき〜とうじじが5月末から7月までの期間限定で少林寺拳法講座へ通っています。
こちらは、主に護身術。最近の物騒な世の中、何だか自分の身は自分で守らなきゃ…と
思うことしばし。うっき〜はおとなしい性格で手を出されても返すことはしないというか、
できない。うじじにさえ、やられることもある。やられたら、やり返す!ということが
まるで頭にない様子。うじじは、口より先に手が出るタイプ。足して割れないものだろうか…と
常々考えていました。こういう格闘技は、全く興味のないうっき〜を「期間限定だから」と
説得し、入会させました。うじじは、やる気満々でしたが

前回2回目の講義が終了し今日で3回目ですが、内容をみてほっとしました。

少林寺拳法には、大会がありません。大会を行うと勝ち負けが出てくる。
少林寺拳法には、勝ちはなく、負けもない。蹴りやつきを習うのは、相手の蹴りや
つきをかわす練習をするためで、あくまで護身のための拳法。
なので、蹴りやつきを力いっぱい鍛えて行うのではなく、今の自分の力で十分、スピードと
リズムを使うことで、護身ができるのだと講師の方が、おっしゃっていました。

おかげで、うっき〜も楽しく身体を動かしながら通っています。うじじは、
今ひとつ理解できていないようで、力いっぱい蹴り、猫パンチしていますが…。

講義が終了したとき、彼らが何を学んだか、楽しみです。

講師の先生がおっしゃっていた

「力のない正義は、無力。正義のない力は、暴力」

うっき〜達には、難しいでしょうが、考えさせられた一言でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
少林寺拳法って
まったくなじみのないものなんだけど
護身用なんですね。

そういえば、私も小さい頃は口より手が出るほうでしたよ。(笑)
でも、それには理由があってね。
小さい頃の1年の差って大きいから
下の子は、言葉では勝てないんですよね。

いっぱい言い返したいのに
そんなにスラスラと相手を攻める言葉なんて浮かばなくて。
きっと、精一杯の悪口で「ば〜か!!」ですよ。(笑)
言われっぱなしで悔しくて悔しくて
自分は絶対間違ってない!って思っているのに
ガーっと言葉で攻められると、言い返したい気持ちが溢れると
最終手段は大号泣しながら
「エイッ!」と手を出していたのを思い出しました。

でも、手を出したことで、結局母に怒られるんですけどね。(笑)


mu
URL
2009/06/13 20:24
☆お返事☆
mu.さん>
思わず、笑ってしまいました(^^)
何だか、悔しくて手が出る気持ち、
わかりますね。うじじは、早生まれなので
実質2歳差。うっき〜がいくら口べたでも
かなわなくて悔しい思いをしているのでしょうね。
私もmu.さんのお母さんと同じように
「最初に手を出したのが悪い!」と
うじじを起こっちゃうんですよ(^_^;)
なお
2009/06/16 08:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少林寺拳法 すけっち☆ぶっく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる