すけっち☆ぶっく

アクセスカウンタ

zoom RSS あらま!

<<   作成日時 : 2009/02/23 22:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像

所用で、母校の近くまで。
普段なら見落としてしまいそうな碑も信号待ちの間に
ふむふむと読んでしまいパチリと携帯で写メ。
ここの地域はわき水が豊富で、私たちが学生の頃には
通りに小さな水路を造ってわき水を流し、そこには
小さなお魚が泳いでいたり、蓮が浮かんでいたり、
夏場に歩いていると涼を感じる空間でした。確か「せせらぎ通り」と
名付けられていました。
この郷土賞は、「生活の中に生きる水道 三十選」と記載され
年代を見ると私たちが卒業して直ぐくらいに
頂いたようです。
…卒業して、ん十年。変わったのは私の外見だけでなく
せせらぎの水路はすべて土で埋められてしまっています。
もちろん魚もなく街路樹が生い茂っている普通の歩道。

郷土賞はいいのですが、この石碑、ここにあるのもなんだか
意味をなさなくなってはいないかしら…と信号が変わるまでの
数分間に考えてしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんと、ほんと〜
私も先日 久々に通ったら悲しかった〜
私らの一つ下の後輩達が 水路にタイルで絵を描いていたんだよねぇ。。。
卒業して数年たった頃も 水量が減って
水路にゴミもたまっていたのが悲しかったけど
完全に消えてしまうなんて、、、ねぇ
OYAMAMA
2009/02/24 23:31
☆お返事☆
OYAMAMA>
気づいてたんだ〜。びっくりでしたよ。
何だか、面影がなくなって石碑で
過去を偲ぶなんて…(T_T)
なお
2009/02/25 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あらま! すけっち☆ぶっく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる